2020 年 8 月 28 / 29日

嘉義台南巡りーゆっくり満喫2日ツアー

聯絡人:洪美滿、黃家柔

來電詢問報名:02-2389-5651

【1日目】

朝07:00に台北駅東三門に集合し、文化の古都台南府城へ出発~

→安平老街

「台湾第一街」と言われる安平老街、早期オランダ人が安平に建設した最初の街路です。人と台車が通れる程度のもので、道幅は広くはありません。

安平を訪れる旅行者の多くは必然的にこの古い街道を通ることになります。人であふれるにぎやかな様子が安平老街の常態。こうでなければ、安平老街らしくありません。

時々、顔を上げて建物を見てみると、屋根の上に風獅爺(シーサー)が置かれていたり、門楣に剣獅が飾られていたりして、安平老街散策がより楽しくなります。

→七股潟湖生態の旅

七股潟湖は面積約1600haにも達する台湾最大の干潟。300年余り前まで残っていた台江内海の名残で、地元では「内海仔」と呼ばれる生態と観光の機能を兼ね備えた場所です。

★観光船(往復約90分)★

★焼き牡蠣食べ放題(上限30分間)★

→赤崁樓(せっかんろう)

赤崁樓は台南最古の歴史建造物、安平区の安平古堡と並んで台南の二大古跡となっています。

1624年にゼーランディア城(安平古堡)をフォルモサ海峡沿いに築いたオランダ人が、1652年、この地にプロヴィンディア城(赤崁樓)を建て、台南の行政、商業の中心を築きました。政権変遷や地震を経て幾度の改築修復を繰り返し、現在の風貌となりました。園内には清朝時代に建てられた文昌閣と海神廟や、その他にも蓬壺書院、『鄭成功に降伏するオランダ人』の銅像など見どころたくさんです。

その中でも1番の見どころは、御贔屓の語源となった石碑。

庭園には、亀が背負った石碑が9枚あります。

伝説によると、石碑を背負っている9匹の亀のうちの1匹は、龍が生んだ9人の子のうちの一人で、重い責任を負わされていたため、亀の形にされたと言われています。

この亀が『贔屓』という名であることから、日本で使われている御贔屓の語源となったとされています。

朝食:サンドイッチ+豆乳 昼食:台南郷土料理

夕食:プチパーティ

宿:嘉楠風華酒店(オリエント ラグジュアリー ホテル)

【2日目】

おはようございます!ホテルの朝食たっぷり食べた後は、元気に出発しましょう~!

→嘉義市史蹟公園(地元専門ガイドあり)

嘉義公園は1910年(日本統治時代の明治43年)に造られ、園内には、射日塔、嘉義植物園、嘉義棒球場(野球場)、嘉義神社跡、嘉義史蹟資料館などがあり、26万8000平方メートルという膨大な敷地面積を有します。

日本統治時代に公園内にあった嘉義神社が今では嘉義史蹟資料館となり、嘉義市の歴史や文化資料、日本の教科書や国軍病院の医療道具などが展示されています。展示物だけでなく、資料館自体が日本の木造構造で日本の伝統的な作りとなっていますので、台湾にいるのに昔の日本にタイムスリップしたかのような感覚を覚えます。

→獄政博物館(嘉義舊監獄)

2005年には台湾の國定古蹟に認定された、台湾で唯一残されている日本統治時代の刑務所。アメリカのペンシルバニアのイースタン州立刑務所と北海道の網走刑務所の様式を参考にしたと言われています。

建物は刑務所の歴史と発展がたくさん詰まったところで、歴史のみならず、文物の特性も紹介しています。

→檜意森活村

かつて「檜町」と呼ばれた「檜意森活村」は、町の交差点にある日本風の建物です。

日本統治時代、阿里山は、宜蘭県の太平山、台中市の八仙山と並んで台湾3大林場の1つでもありました。特に上質のヒノキが生い茂る「阿里山」は重宝がられ、それらは当時大量に伐採されて、日本へ運ばれました。ここ檜意森活村は日本統治時代に阿里山の林木産業を開発するために、社員たちの寮として建てられました。建物は主に阿里山の檜木が使われており、檜木の村のように見えるので、「檜町」と称されていました。

現在は観光マーケットに転換し、個性的なショップが多数並んでいます。特色あるお土産、コーヒーショップ、オリジナルな飲食店、展覧会、レトロおもちゃ、アンティークショップ、旧時嘉義館など、まるでタイムトンネルを抜けて来たかのように、懐かしい風情が漂っています。 公衆浴場と個室のお風呂も設置され、かつての日本時代の雰囲気を再現しています。建物はそれぞれに特徴があるので、じっくりとご覧になってください。

→阿里山森林鐵路車庫園区

嘉義車庫園区日治時代の旧名「北門修理工場」は、阿里山鉄道のさまざまな種類の機関車、客車、貨車の建設と修理を主に行っており、100年近くの歴史があります。阿里山森林鉄路は、台湾嘉義市‧嘉義県‧南投県 に現存する森林鉄道である。

園内には、かつて阿里山森林鉄道に使用した列車が展示されています。

アメリカLima社製造の「SL-13蒸気機関車」や新三菱重工業製造の「DL-2柴油機車」、その他引退した車両や車両方向のターンテーブルなどがあり、鉄道マニアは必見!みどころ沢山の場所です。

→雅聞峇里海岸

国内最大の南洋風景観工場です。園内には大規模の竹茅葺き屋根や人工ビーチ、滝などがあり、南国バリ島の雰囲気を味わうことが出来ます。

雅聞という化粧品会社の運営するテーマパークで、工場内では、石鹸製造過程や歴史など学ぶことが出来ます。

→台北駅到着

昼食:嘉義雞肉飯特色美食 夕食:×

溫馨提醒|

  1. 為了您與其他旅客的健康,請記得隨時戴上口罩喔!
  2. 夏日戶外活動時,請注意個人防曬,陽傘、防曬乳液、遮陽帽必不可少。
  3. 出門在外,請儘量穿著輕便的服裝及舒適的鞋子,方便旅遊活動。
  4. 炎炎夏日,車上備有瓶裝水,享受旅遊的過程中也別忘了要多補充水分。
  5. 請依個人身體狀況自行準備個人隨身藥品.如:暈車藥、防蚊蟲液……等。

備註事項|

  1. 車上皆備有額溫器與消毒酒精,座車每日消毒,請遊客安心搭乘。
  2. 團費已含:上述行程之交通食宿、領隊、景點門票、旅遊平安險費用。
  3. 為維護旅遊品質,請於規定時間內準時集合。
  4. 行程以及景點停留時間將會依現場評估後有些許調整.若有不便,敬請見諒。